美味しいコーヒーのいれ方「トルコ式コーヒー」

トルココーヒー

トルコ式コーヒーを一度は自分で作って飲んでみたいけれど、一体どうやって作ったらよいのかが分からない、という人のために、その作り方について説明をします。

まず、トルコ式コーヒーとはどのようなものなのか、その歴史から説明をします。その歴史は、今からおよそ450年前、オスマントルコ帝国内のイエメン統治者オズデミル・パシャがコーヒー豆を皇帝に献上したときに遡ります。その後、その飲み方は、イスタンブールの庶民の間にもやがて広がり、イタリアなどヨーロッパの商人たちによって、ヨーロッパ各地に広まりました。現在においてもその飲み方は、ヨーロッパ、中東など、世界の各地で共通した飲み方となっています。特にトルコでは、お客様に対して、必ずと言っていいほど、コーヒーを出してもてなすという文化があり、普段の生活の中でもかかせない習慣の1つとなっています。また、2013年には、ユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、世界的に見ても重要な文化とされています。

その飲み方の特徴としては、イブリックと呼ばれる専用の小さな鍋に、コーヒー粉と水を一緒に入れて煮立てて、カップに移してから、上澄みだけを飲むところです。布や紙で粉を濾すドリップによって飲むようになったのは、歴史的にずっと後のことですので、非常に深い歴史があることが分かります。

それでは具体的に美味しい淹れ方について説明をします。

まず、準備すべきものとしては、粉、イブリック、水、砂糖、カップです。

粉は、微粉状に挽いたもので、通常は、イタリアンローストなどの極深煎りのものを使用します。美味しいものを淹れるためには、新鮮で品質の良い豆を選択することが重要になりますので、古くなってしまったものなどは使用しないようにしましょう。また、せっかくなので、トルコ産の豆を使用すると、より本場の味を味わうことができます。豆の挽きの状態は、通常は極細挽きとなります。普段使用しているミルの時間よりも長目に設定するようにします。

イブリックとは、トルコ式で淹れる際に用いられる特徴的な器具で、銅または真鍮製で、長い柄がついた柄杓型の小鍋のことをいいます。通常、サイズは120cc~200cc(1~2人用)が一般的です。イブリックは、例えば、ホームセンターやトルコ関係の施設、コーヒーの専門店などで購入することができます。

また、できればトルコ製のカップがあると、より本場の雰囲気を感じることができます。トルコ製のカップはややサイズが小さめにできており、占いをするのにもよいです。

上記の物の準備が揃ったら、まず、イブリックに粉を入れます。粉の量はお好みで変わってきますが、例えば、ティースプーンで大さじ2杯程度(約6~7g程度)がよいでしょう。なお、砂糖を使用する場合は、このときに砂糖も一緒に加えます。本場では、かなりの量の砂糖(約10g程度)入れて飲みますので、本場の味を求める人は、是非、このときに砂糖も入れて作ってみるのがよいでしょう。

次に、イブリックに水を入れます。水の量は、実際に飲むカップで1人分の量を計量して入れます(通常、60~70cc程度)。このときに、お湯ではなく水を入れることが重要になりますので、時間を節約するために、お湯を入れないように気をつけます。

次に、イブリックを火をかけ、スプーンで時々かき混ぜながら温めていきます。このときの火力は極力小さく抑え、あせって火を強くしないように気をつけます。しばらく火にかけ、小さい泡が立ってきたら、一度、イブリックを火から下ろして、泡の発生が収まるのを待ちます。このとき、泡が立ってきたら沸騰する前に火を下ろすようにします。なお、泡は好みによって、そのままかき混ぜてもよいですし、スプーンで泡をつぶさないようにすくって、後で使用するカップに入れておいてもよいです。この工程を2~3回繰り返したら、火を止めます。繰り返す回数は、自分の好みの味によって変えてもよいので、色々な方法で何回か試してみて、自分にとって最適な回数を見つけるとよいでしょう。

次に、火を止めたらそのまま、粉をイブリックの底に沈殿させるために、2~3分ほど静置して待ちます。なお、カップに注いでから粉を沈殿させてもよいのですが、ゆっくりと味わうためには、あらかじめイブリックの中である程度は沈殿させるとよいでしょう。静置が終わったら、カップの中に粉が入らないように、ゆっくりと上澄みをカップの中に注いでいきます。さらにその後、お好みでミルクなどを注いでもよいです。

なお、飲み終わった後にはコーヒー占いをやってみるのもよいです。占いの手順としては、これ以上飲めないというところまで飲んだら、カップをソーサーにひっくり返します。そして、水分を失って粉が固まったら、粉でできた線や形によって占いをします。その粉でできた模様は、例えば、カップの下半分は過去、上半分は将来を表していると言われています。トルコ式コーヒーをゆっくりと楽しんだ後に、遊び心を持って、自分の人生を占ってみるのもよいでしょう。