子供に安心して飲ませられるコーヒー

子供に安心して飲ませられるコーヒー
朝の目覚めのいっぱいとしてコーヒーが飲まれるのは、緑茶やウーロン茶と同じようにカフェインが含まれているからです。カフェインは飲んだときの苦味と感じる味の要素ですが、カフェインには脳に作用して興奮物質などを一時的に分泌量を増やす効果を持っています。

興奮作用を増やすことによって脳の活動が活性化し、鼻に入る香り成分と共に朝起きたての体が眠っている状態をいち早く目覚めさせることが出来ます。そのことから年齢問わずに飲まれることの多いコーヒーですが、ただ年齢問わずといっても体が出来上がっていない16歳以下の年代でのむさいには注意が必要です。

それはカフェインの覚醒作用は脳の中枢にある自律神経に影響して筋肉に一時的なストレスを与えて活動しやすくする交感神経に影響し、副交感神経が活発に動いている朝の寝起きに交感神経を逆転させることで体を目覚めさせます。ただし副交感神経から交感神経に移行は太陽の光を浴びれば起きることであり、それをカフェインで強引に目覚めさせるということすればそのリズムを狂わせることになります。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると一時的なパニック障害の様な状態になり、脳の過剰活動による吐き気や頭痛さらには心臓の動悸などがおきます。そして交感神経が過剰反応を起こすと脳が危険と判断し副交感神経を過剰に働かせるのですが、その場合も急激な眠気や体と心のバランスが崩れることによる抑うつ状態にもなってしまいます。

交感神経と副交感神経のバランスが一度でも崩れると簡単に戻すのは難しく、特に16歳以下の子供の体にとってカフェインの作用というのは大人よりも受け入れることの出来る量は少ないため大人と同じ量をとってしまうと許容範囲を飛び越えてしまい先に言った状況になりやすいのです。ただ朝の目覚めの一杯としての役割があることに間違いはないため、16歳以下の子供でも飲める方法を考えることが大事です。

一般的に16歳以下の子供に飲ませる際には、コーヒーをカップの半分以下に入れてそれ以上に温かい牛乳や豆乳などの脂肪分のある乳製品を加えます。牛乳や豆乳を加えることによってカフェインを脂肪の膜で包み込むことで、苦味をあまり感じさせずに飲むことが出来るほかにも腸に吸収する量を制限できるので摂取量を減らすことが出来ます。

基本的にこのやり方を行うことによって子供でも安心して飲むことが出来ますが、それでもカフェインを取っていることに変わりないため少ない量でも子供によっては影響が出る場合もあります。仮に少ない量でも影響が出てしまうときには、飲むこと自体を一旦やめてその代わりに朝の一杯として飲むものを考えることが大事となります。

朝の目覚めの一杯として代わりにある飲み物としては、タンポポコーヒーやカフェインレスそして麦茶の牛乳割があります。タンポポはタンポポの根を乾燥させてお湯で抽出したもので、一般的にはタンポポ茶として流通しているものです。この飲料が人気の背景には、カフェインが含まれていないため苦味はないのですがそれ以外の味の要素は似ている部分が多いからです。

さらにタンポポは長年中国で漢方薬として使われており、その効果もホルモンバランスを整える事で得られる覚醒作用とは逆の鎮静作用を持ち、さらには血管拡張効果を持っているので血行促進効果で脳を目覚めやすくしさらには利尿作用でむくみの改善にも役に立ちます。

そして次のカフェインレスというものは、基本的にコーヒー豆を使うものですが焙煎して挽いた後にそのままお湯で抽出するのではなく前の工程で挽いた豆に工夫をすることです。

その工夫というのはいくつか方法があるのですが、その方法はカフェインを壊す成分を挽いた豆に加えてカフェイン自体をなくす方法やカフェインを壊す成分を少なくする代わりに豆をお湯で煮てカフェイン自体を洗い流す方法がこれまでの方法です。近年ではこれらのやりかた以外にも、カフェインは二酸化炭素と結びつく作用を持っていることを利用して2酸化炭素を加えることによってカフェインを無効化する方法があります。

これも苦味成分であるカフェインが抜かれるので味自体は落ちてしまうのが難点ですが、その代わりにカフェインによる覚醒作用を気にせずにのめるので何杯でも飲む事が出来ます。

そして意外にも代用になると注目されているのが、夏にミネラル分を補給できる飲料として飲まれている麦茶に牛乳を混ぜて飲む麦茶の牛乳割です。

麦茶は大麦を焙煎してお湯で抽出する飲み物ですが、その製造工程が似ていることもあり味の要素がほぼ似ているということが研究で判明しています。その麦茶に牛乳を混ぜることによって、タンポポと同じくノンカフェイン飲料として代用することが出来ます。

コーヒーは先に言ったとおりに朝の目覚めの一杯として人気ですが、その代わりにカフェインの過剰摂取は体にとってあまりよくないこともわかっています。
特に子供にとってその影響は強いので、しっかりと飲む量とやり方を実践しつつ適切に飲ませることが大事です。