ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違いを比較 値段・味の違い・特徴を解説

ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違い
美味しいコーヒーを自宅でも飲みたいと思ったことはありませんか?最近ではドリップタイプのコーヒーもとても美味しいですし、コーヒーメーカーを使用して作るのも美味しいですよね。さらにもう1ランク上げるなら、ネスカフェのマシンを使用して手軽に美味しいコーヒーを飲みましょう。それぞれにマシンの違いや値段、味、特徴などを解説していきます。

ネスカフェ バリスタで使えるコーヒーとドルチェグストで使えるカプセル

ネスカフェ バリスタやネスカフェ ドルチェグストは、自宅で簡単に美味しいコーヒーを楽しむことができるとして、人気が集まっています。それぞれ専用で使えるカートリッジやカプセルがあります。これをマシンにセットするだけで本格的な美味しいコーヒーを頂くことができるのですが、バリスタとドルチェグストの違いはどんなことかご存知でしょうか。それぞれを比較し詳しくご紹介していきます。

ネスカフェ バリスタ

バリスタは、5種類のコーヒーを楽しむことができます。ブラック・ブラック(マグカップ用)エスプレッソ・カフェラテ・カプチーノの5種類を選択することができます。

こちらのタイプは、専用のエコ&システムパックを使用することが基本なのですが、市販で売られているインスタントコーヒーも使用することが可能です。あくまで推奨されているのはネスカフェから出されているエコ&システムパックですが、色々工夫されている人も多いようです。

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストは、15種類以上のカフェメニューを自宅で楽しむことができます。専用カプセルに厳選した香り豊かな挽きたてのコーヒー豆を酸素を抜き密封したものを使用しています。

カプセル式なので、セットも簡単ですし、後片付けも楽にできます。また、コーヒーだけではなく、抹茶や紅茶などのフレーバーもあり、コーヒーが苦手な人にもお勧めのマシンです。

バリスタとドルチェグストの違いは、この専用エコ&システムパックを使用するか、専用カプセルを使用するかの違いであり、本格的なコーヒーを楽しみたいと考えているのであればバリスタがお勧めですし、コーヒー以外にも色々なフレーバーを楽しみたい方にはドルチェグストがお勧めです。

1杯あたりの値段の違いと味の違い

いくら自宅で美味しいコーヒーを楽しめると言っても、1杯あたりの値段が高ければ意味がありません。最近ではコンビニエンスストアでもコーヒーが販売され、安価で美味しいと評判になっています。ネスカフェから出されているマシンではどうでしょうか。値段と共に味の違いについて比較してみましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックの種類によって値段に差がありますが、1杯あたり約15円~27円ぐらいです。味に関しては、使用するコーヒーにより選ぶことが出来ますし、牛乳や豆乳などを使用して作ることもできるのでアレンジができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらは専用カプセルを使用する為、少し価格が上がってしまいます。使用するカプセルによって値段が変わってきますが、1杯あたり56円~122円程度ということがわかっています。こちらは1回使用してしまうと使うことができません。味は、15種類から選ぶことができる為、毎日飲んでも飽きることはありません。

コンビニエンスストアやファーストフード店のコーヒーが1杯100円~200円程度ですから、それらに比べると格安で飲むことができます。また、専用カプセルを使用したドルチェグストに関しては、フレーバーを選ぶことができることもあり、カフェメニューとして考えるのであれば、とてもお得に楽しむことができると言えるでしょう。

自宅でマシンを使用していることや、詰め替えたり、セットする手間、さらには洗浄する手間を考えたとしても、コンビニエンスストアやカフェで購入するよりははるかに安く、そして手軽に楽しむことができるでしょう。どちらのマシンにしても、1杯あたりの単価は安く、家族で飲んだとしてもお得と言えるでしょう。

バリスタとドルチェグストのメリット《本体無料公式サービス》

ネスカフェのマシンには、それぞれにメリットがあります。特にお得なのは、本体無料サービスです。本体とはマシンのことであり、こちらを通常購入すると7000円~10000円以上しますが、これらがすべて無料で使用することができるシステムがあります。それぞれのマシンのサービスについて詳しく解説していきましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックを定期購入することを条件に、マシンを無料で貸し出ししてくれるシステムです。定期購入している間は使い続けることができますが、定期購入をやめた場合は返却しなくてはいけません。定期購入している間にマシンの不調があった場合は、しっかりメンテナンスをしてくれますし、使用をやめたいという時には、違約金なども発生しませんから、すぐにやめることができます。コーヒー代だけの使用で美味しいコーヒーを飲むことができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらのマシンも購入することなく、無料で楽しむことができます。マシンが無料のカプセル定期便を条件に使用することができます。解約をする際には、専用カプセルを累計60箱継続していることが条件であり、その前に解約をした場合はマシン代金として7800円(税込み)を支払わなくてはいけません。途中解約をするつもりがないのであれば、こちらのマシンの方がお得ですが、もし途中で解約をしなくてはいけない場合は、マシン代金を支払うということを忘れてはいけません。こちらのサービスを利用すると、カプセル代が10%オフになるというのもメリットの1つと言えるでしょう。

どちらのマシンも無料で試すには、定期購入が条件であり、解約時の条件が異なっていますので注意してください。

まとめ

マシンについて比較してきましたが、それぞれにメリットがあり、自分のニーズによって選ぶことができますね。ネスカフェでは自宅で美味しいコーヒーを楽しむ為のマシンを無料で貸し出ししているサービスを実施しています。

専用エコ&システムパックや、専用カプセルを定期購入することが条件ではありますが、本体を購入する必要がないというメリットが人気になっています。毎日美味しいコーヒーを飲みたい、手頃な値段でカフェ気分を味わいたいという人にお勧めできるマシンです。また、コーヒーが苦手な人でも楽しめるようになっていますので、ご家族全員で美味しく味わうことができます。

ネスカフェドルチェグストの使い方とお手入れ掃除方法

質問

カフェへ行きおいしいコーヒーを嗜んで、ホッと一息ついている方は少なくありません。ご自宅でカフェメニューを気軽に楽しめる「ネスカフェ ドルチェグスト」は、コーヒーファンの中でも注目のマシンです。

なんと15種類以上のカフェメニューがあり、一つずつカプセルに入っているので酸化せず焙煎したての豊かな香りと味わいのコーヒーを楽しむことができます。
ボタン一つであっという間に淹れたてのコーヒーを淹れることができて、便利なマシンです。コンパクトでスタイリッシュなデザインは、お部屋のインテリアとしても楽しめます。

参考:ネスカフェドルチェグスト本体無料の定期便

ドルチェグストの使い方

そんなネスカフェ ドルチェグストの使い方は簡単です。
ジェニオ2の場合ですが、まずは電源スイッチを押します。しばらくすると(約30秒ほど)赤点滅が緑点灯に変わります。
この時、ご使用になる容器の大きさに合わせて抽出トレイの位置を調整しましょう。
各カプセルに示されている目盛りを確認し、カプセルの目盛りと合わせます。
ロックハンドルをあげて、カプセルホルダーを取り出しお好みのカプセルを入れます。
本体の奥まで挿入し、ロックハンドルを下げます。
抽出レバーをホットメニューなら温水側(赤色右側)アイスメニューなら(青色左側)に倒すと抽出が始まります。
目盛りが一番下になると抽出レバーが自動で真ん中に戻り、抽出が終了です。
このジェニオ2は自動で抽出が止まるオートストップ機能が搭載されているので
絶妙なタイミングでコーヒーを淹れることができ便利なマシンです。

ドルチェグストのお手入れ

コーヒーの抽出が終了した後のお手入れですが
しばらくすると赤点滅が緑点灯に変わりますので、点滅中は触らないようにしましょう。
緑点灯に切り替わったら、ロックハンドルを上げ、ロックを解除します。
カプセルホルダーを取り出し、ホルダーを下向きにしカプセルのみを捨てます。
抽出終了後は、カプセルが熱くなっていますので、直接触らないよう気を付けて捨てましょう。
コーヒー抽出後のカプセルホルダーは水道水で洗浄し、本体にセットしロックハンドルを下げます。

一般的なコーヒーマシンですと洗い物が結構出てしまいところですが
ネスカフェ ドルチェグストですと、洗い物がカプセルホルダーのみですので
1杯から自分のために気軽に淹れることができるのが非常に魅力的です。

ドルチェグストの掃除方法

お掃除方法も簡単です。長く愛用できるよう定期的にお手入れも行いましょう。
毎日のお手入れは、抽出トレイと抽出グリッドを取り外し、スポンジで洗浄します。
続いてカプセルホルダーと給水タンクを水道水で洗浄します。
硬いブラシを使用すると傷つく恐れがありますので柔らかいスポンジを使用します。
抽出トレイ、カプセルホルダーは、給水タンクは食器洗浄機には対応しておりませんので気を付けましょう。

機器本体が汚れた際や週1のお手入れ(洗浄)のお掃除方法は
ロックハンドルを上げて、カプセルホルダーを挿入しロックハンドルを下げてロックします。
大き目の容器を用意し奥まで差し込み、電源を入れます。
抽出レバーを上に動かし目盛り7に設定し、抽出レバーを温水側に倒します。
コーヒーカプセルを入れていない状態で抽出が始まり、目盛りが一番下にきたら抽出が止まります。
大き目の容器の水を捨て、抽出グリッドと抽出トレイを本体に取り付けます。
本体は柔らかい清潔な布で拭きましょう。

抽出の流れが悪くなったり、飲み物の温度がいつもより低い場合は湯垢洗浄を行う必要があります。
湯垢洗浄剤はネスレ通販のオンラインショップで発売しています。
まず電源が切れていることを確認し、大き目の容器(1L以上)に湯垢洗浄剤を入れ水1リットルでよく溶かし
給水タンクに入れます。
コーヒーカプセルを入れない状態で、目盛り7で温水側で抽出します。その後、水側に倒し抽出します。
終了したら電源をオフし、給水タンクの水を捨てよくすすいでから、水道水を補充して本体にセットしこの作業を繰り返します。
湯垢洗浄は途中で中断しないように気を付けましょう。給水タンクにお酢を絶対に入れないでください。

使用上の注意は、抽出口の針に危険ですので触れないように気を付けましょう。
給水タンクには熱湯、牛乳、酒などの水以外のもは入れないようにしましょう。
長期間使用しない場合は、給水タンクの水は抜いておきましょう。
カプセルホルダーには永久磁石が使用されていますので、磁気の影響を受ける機器のそばに放置しないようにしましょう。
ペースメーカーなど使用されている方は、カプセルホルダーを体内機器のそばに近づけないよう気を付けましょう。
一度使ったカプセルは再利用はできません。
コーヒーの抽出に使用する水は、水道水か軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

まとめ

使い方に気を付けてネスカフェ ドルチェグストで毎日おいしいコーヒーを楽しみたいですね。
安心・安全にコーヒーを楽しむために、注意事項をあわせて確認し、ご自宅でカフェ気分を楽しみましょう。

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーとは、コーヒー豆を焙煎して挽いた粉末から、水またはお湯で成分を抽出した飲み物になります。家庭や飲食店、職場などでも簡単に飲めますが、専門ショップも多数あり世界中で飲まれています。

風味は焙煎の度合いや挽き具合、入れ方、使う器具によって違ってきます。また、牛乳を入れたり、砂糖を入れたりするほか、紅茶と混ぜたり、レモンスライスを浮かべる、少量の塩を入れるなど様々な飲まれ方をしています。

150mlドリップ式で入れたものには約100mgのカフェインが含まれています。飲むことによって、脂肪の分解を加速させて、自律神経である交感神経を刺激するためエネルギーの消費を高める働きがあり、運動1時間前に飲むことで効果的に脂肪を燃やすことができるようになるほか、集中力を向上させて筋肉痛を和らげる効果が期待できます。

また、香りにはピラジンを始めとする香りの成分が含まれており、香りの効果によってリラックス状態になります。

コーヒーの香りの種類

香りの種類は口に含んだ時、豆を挽いた時などに分けられます。
「アロマ」は、挽いた粉にお湯を注いだ時に液体から漂う香りのことをいいます。
「フレーバー」は、口に含んだ時の香りのことを指します。
「フレグランス」とは、挽いた時の粉の香りのことです。

アロマは、コーヒーオイルによるもので粉にお湯を注いだ時に出る香りになります。湯気とともに一気に香りが広がって5分程度で消えてしまうのが特徴の香りです。
特にブルーマウンテン、グアテマラはリラックス効果が高いとされており、マンデリンなどは集中力を高めるのに効果があることがわかっています。

フレーバーは、飲むことによって感じられる香りで、ナッツやチョコレート、フルートなど様々な香りに例えられます。これは品種や産地、精製法などに影響されています。

フレグランスは、香水としても製品化されています。トップノートは甘いフルーツのような香り、ミドルノートにフラワー、ラストノートにブラックコーヒーの香りが来る香水です。
日本では香としても製品化されており、シナモンやチョコレートと合わせた香りを楽しむことができます。

香りの情報は、鼻から脳へと届いていきます。香りは脳に大きな影響を与えるため、味わいだけではなく香りを楽しむためには、適切な豆の管理、器具に合ったメッシュと抽出温度を守って、正しい方法で淹れることが大切となります。

正しいコーヒーの管理方法

正しいコーヒーの管理としては、粉と豆とでは大きく異なってきます。利便性が高いのは粉ですが、品質や味を保ちたい場合には豆のまま保存することがオススメです。

焙煎した時から酸化は始まってしまいます。酸化するとどんどん劣化してしまうため、なるべく酸化しないように保存していきます。

温度も高い場所が苦手で、直射日光も保存するときには避けることが重要です。なるべく気温変化のない風通しの良い冷暗所に保存します。

湿度があるところも避けます。湿度があると湿気を帯びてしまいます。具体的な保存方法としては、豆は保存する場合には密閉袋などに入れて冷凍庫に入れておくと長く保存することができます。

使用するときには完全に凍ることがないため、冷凍のまま豆を粉砕してセットして飲むことができます。粉も同様で、必要な分量をセットしてお湯を注ぎます。

保存期間は3か月程度で消費するのが良いとされています。香りは鮮度が良ければ、良いほど香り成分が広がります。保存していたからといって香り成分はその分減ってしまうため必ず3か月以内に消費していきます。

美味しいコーヒーの淹れた方

美味しい淹れた方としては、200㏄に対して15gの粉の量が一杯分としては適量です。ドリッパーにフィルターをセットしたら、15gの粉を入れて軽く揺すって表面をならして、軽く押さえます。

お湯は沸かしたてを使用し、沸騰後1分程度待つことで抽出に適温となります。粉の中心に、お湯を細くゆっくりと注いでいきます。深煎りは特にゆっくりと注ぎます。

500円玉ほどを意識しながら入れていきますが、縁には絶対に注がないようにして、一度に大量のお湯を注いでしまうと粉がお湯に浮いてしまい、旨味の抽出がうまくできずに雑味の多い味になってしまうため注意が必要です。

粉がお湯を吸収して中心が膨らんできたら、全体の60%ほどにお湯がまわるように注いでいき、30秒程度待ちます。お湯に馴染むことでお湯を受け入れやすくなります。

中心から外側に向かって「の」の字を描くように、ゆっくりと注いでいきます。お湯を注いでムース状に盛り上がったら、平らになる前に次のお湯を注いていき、およそ3回程度行います。

サーバーに落ちてきたらフィルターの下からじわじわと均等に滲んでくれば良いとされています。

抽出する量の半分程度まできたら、徐々にお湯を多めに注いでいき、予定の抽出量に達したらすぐにドリッパーを下ろします。

粉がしぼむ前に下ろすことで、雑味を避けることができます。

ネスカフェドルチェグストの口コミと評判

ドルチェグスト
ネスカフェ ドルチェグスト」は本格的なカフェをコンセプトにつくられたコーヒーマシンです。

操作は簡単で、マシンの電源を入れて専用のカプセルをセットします。そして抽出量を決めたらレバーを倒すだけで完了です。指定した抽出量で自動で停止する仕組みになっているので見守る必要はなく、抽出後は使ったカプセルをゴミ箱に捨ててカプセルホルダーをすすげば後始末は終わります。

その味は期待以上の美味しさだと評判です。

ネスカフェドルチェグストのコストと特徴

コスト面は確かにあり、その過程は面倒といえば面倒ですが、全体的なコストを考慮すると微々たるものです。カフェで1杯400円となるコーヒーをドルチェグストでは1杯約50円から100円で飲むことができるのは嬉しい限りです。おまけにコーヒーを入れる時間も2分から3分で済ませることができます。

他にもドルチェグストには実用性があります。それはマシンのコンパクトさです。マシンを置くスペースは雑誌一冊分の広さがあれば十分なのでキッチンやダイニングテーブル、オフィスや自分の部屋など色んな場所に置くことができます。そのうえマシンのデザイン性は高く基本的に丸みを帯びたキュートさがありながらも、無機質なスタイリッシュも感じられるデザインをしています。

ちゃんとしたメンテナンスやお手入れは電話によるサポートや専用の湯垢洗浄剤が必要になりますが、日頃の使い方は先述した通りで十分です。それにくわえて汎用性が高い点やカプセルの種類が豊富なうえに補充しやすい点など魅力がたくさんあります。

そのため口コミと評判は基本的に高いです。

ネスカフェドルチェグストの口コミと評判

具体的な口コミと評判を挙げると、おおまかに4つのポイントに分けられます。

はカプセルの種類

まず1つ目のポイントはカプセルの種類です。

「ネスカフェ ドルチェグスト」は豆の種類や挽き方を選ぶことはできませんが、14種類の味を抽出することができます。

その種類はあらゆる場面に対応しており、基本的なコーヒーとなるレギュラーブレンドから苦めのエスプレッソ、甘みが強いカプチーノやソイラテ、デザートとしても楽しめる宇治抹茶ラテや暑い日にぴったりなアイスカプチーノなどがあるのです。

こういった種類の多さはコーヒーが苦手な人にも適したドリンクを提供できる利便性があり、ネットに見られる良い評価のなかに多く見られます。

このカプセルは全国の大手のスーパーマーケットやコンビニ、家電量販店、ネットなど身近にある場所から入手しやすいところも好まれている点です。

美味しさ

2つ目のポイントは美味しさです。

14種類の味から作られるドリンクはインスタントコーヒーのような手軽さでありながら、香りと美味しさを楽しめることで評判です。実際に味に対しては期待せず、簡単な操作のみを求めて購入した方がその美味しさに驚いたという口コミが絶えません。

またガラスコップに注ぐとお洒落になるのでリッチな気分になり、さらに味を楽しめるという評判もあります。ただし味となるとそれぞれの味に対して様々な口コミが見られます。

例えばマイルドブランドは「苦みが少なく、飲みやすい」という意見がある一方で、「苦くて飲みにくかった」や「ミルクを入れるのが面倒」といった意見もあります。他にもラテマキアートであれば「程よいミルクの甘さとコーヒーの香りが良く、ラテアートも楽しめる」という意見が、カプチーノであれば「ふわふわの泡がたまらない」や「シナモンの味に和む」という意見が見られます。

マシンの価格

3つ目のポイントはマシンの価格です。

同じネスカフェで展開しているコーヒーマシンはありますが、そちらよりもリーズナブルな価格で提供しているのがドルチェグストとなります。運が良ければキャンペーンでさらに安く購入できたり無料で入手できたりもします。

プレゼントとして選ばれている

そういった入手がしやすい面を持っているため、父の日や母の日といった特別な日のプレゼントとして選ばれている点が4つ目のポイントとなります。ただし4つ目のポイントについては用心が必要です。

基本的にドルチェグストのマシンはプレゼントに適しており、実際に喜ばれていますが、同時に正反対な意見もあります。例えば赤と白のツートンカラーが印象的な「ミニミー」はコンパクトな点やデザインが可愛い点が好評である反面、「意外と操作が難しかった」という意見や「ネット購入したらすすぎ作業がうまくいかなかった」という意見があるのです。

それからスタイリッシュなデザインの「ピッコロ」は「ある程度の大きな音が出るので気になる」や「カビが生えた」、あるいは「抽出したドリンクが飛び散った」という意見があります。

しかし総合的に悪い評価は個人的な感覚や取り扱った業者のミスなどに偏っており、故障している場合を除いてマシン自体が悪いケースはほとんどありません。

良いか悪いかといえば圧倒的に「自宅でゆったりと本格的なカフェを楽しめる」と絶賛する意見のほうが多く、その口コミと評判は信憑性が高いものばかりです。

カフェインレスコーヒーの味と効果について

カフェインレスコーヒーの味と効果について

カフェインレスコーヒーが注目されていますが、これは覚醒作用のあるカフェインの摂取を避けられるからです。確かに眠気覚ましのためにカフェインを摂るのは効果的ですが、摂りすぎにより利尿・脱水症状や胃痛を引き起こすこともあります。

夕方以降に飲むと睡眠を妨げるデメリットもあるため、飲みすぎはよくありません。1日にカップ2杯程度に留めておくのがよいですが、コーヒー好きにとってこれは辛いはずです。

カフェインレスコーヒーのメリットとデメリット

カフェインレスコーヒーのメリットは、コーヒー本来の風味を残しつつカフェインだけを取り除いていることです。コーヒー本来の栄養はそのまま生かしているので、1日に何杯も飲みたいという方に適しています。

コーヒーファンの中には1日10杯は飲むという方もおり、普通のコーヒーだとカフェインの過剰摂取になります。眠気覚ましという目的で飲むなら食後のコーヒーはおすすめですが、それ以外に飲むときはカフェインがデメリットになるのです。

摂りすぎは血圧上昇の要因にもなるので、1日2杯を超えて飲む方は注意してください。

カフェインレスコーヒーの特徴と味

昔からカフェインレスコーヒーは存在しましたが、風味は普通のコーヒーよりも劣っていました。カフェイン以外の風味成分まで除去されてしまうので、水を飲んでいる感覚に近いという方もいたのです。

コーヒーは香りが命ですから、香りが飛んでしまうとおいしさが激減します。おいしく飲むためには香りを飛ばさない加工が必須であり、最近のタイプはこれをクリアしています。

1日に何杯も飲みたいけど胃がキリキリする、利尿作用によってトイレが近くなる、といった方に最適なのです。カフェインを気にしなくてよい場合、水や麦茶感覚でたくさん飲むことができます。

砂糖を入れないで飲めばカロリーゼロなので、ジュースから乗り換えるのもいいです。特に炭酸飲料には大量の糖分が含まれているので、飲みすぎると血糖値を急上昇させます。

生活習慣病は生活習慣の乱れから発生する症状ですが、一番大きく影響しているのが食生活なのです。食生活を整えることで、大抵の生活習慣病は防ぐことができます。

カフェインレスコーヒーの効果

カフェインレスコーヒーに変えた方は、生活の様々な変化を実感しています。最も実感しやすい効果として、睡眠の質向上があるのです。

今までは布団に入っても入眠に時間がかかったけど、5分以内に眠られるようになったという方が多いです。睡眠の質がよければ朝も元気に起きられますし、体調も少しずつ改善していきます。

体調不良の多くは睡眠トラブルから生じるので、睡眠リズムを整えることから始めてください。しっかりと眠ることで脳の機能もリセットされ、脳がリフレッシュして作業効率がアップします。

仕事の効率が下がってきたと感じたら、睡眠の質を疑ってみる必要もあるのです。疲労・ストレスを溜め込まないためにも、早寝早起きを意識してください。

胃痛や頭痛が解消したという声も多く、全体的に体調が好転したと話しています。体調が思わしくないと感じたとき、身体の機能自体が低下しています。

例えば胃腸が弱ってしまうだけで、消化不良を引き起こして便秘・肥満・肌荒れその他を招いてしまうのです。内臓を元気にすることは健康の基本であり、特に胃腸の健康状態は自身でも判断しやすいはずです。

わかりやすい部分から改善していくことで、健康を維持することができます。胃腸によいことは他の臓器にもよく、身体への負担を軽減して健康体に変えていくことができます。

慢性的なだるさ・肩や首のこりなどもカフェインの過剰摂取から起こることが多いので、摂りすぎを自負する方はカフェインレスコーヒーに変えたいものです。栄養素というのは適量なら身体に効果的に作用しますが、摂りすぎは逆効果になることが多いのです。コーヒーもその一つであり、適量なら問題ありませんが飲みすぎは健康を阻害します。

慢性的な冷えを感じていた方も、カフェインレスコーヒーを高評価しています。冷えというのは原因の特定が難しいことが多く、冷え対策をしても治らないことが多いのです。入浴で身体の芯まで温めても、解消しない方はしません。

カフェインの過剰摂取も冷え性を促進するので、原因不明の冷えを感じている方はカフェインの摂取量を減らしてみてください。無関係だと思っていたことが、実は一番影響していたというケースは多いのです。

冷え性が改善すると頭がスッキリしますし、細胞が元気になるので身体が疲れにくくなります。昔より疲れるようになったけど、年齢以外に問題がありそうと考える方は、カフェイン制限から始めてみるといいです。

冷えは万病の元と言われており、原因不明の諸症状の引き上げとなっていることが多いです。ポッコリお腹や便秘、肥満、肌荒れの原因ともなるので、身体の中から冷え対策をしていく必要があります。

衣服を重ね着する対策は冷え予防にはなりますが、解消するには十分とは言えません。食べ物や飲み物に気を配り、身体を冷やしてしまう飲食物はなるべく摂らないことが大切です。