admin のすべての投稿

おいしくコーヒーを飲むための水・ミルク・砂糖について

家でコーヒーを飲む時、こだわるのはコーヒー豆という人は多いですが、実はコーヒーを美味しく淹れる為には、水やミルク、砂糖にもこだわることでより美味しく淹れることができるのをご存知でしょうか。

コーヒーを今よりもっと美味しく飲むことができれば、カフェに行く必要もなくなりますね。ここでは、ポイント別にご紹介していきます。

コーヒーはブラックで飲むのが正統派!?

味のわかる人はコーヒーはブラックでしか飲まないなんてことを聞いたことありますよね。ブラックで飲むのが正統派のようなイメージがありますが、実はこれ勘違いです。ブラックとして飲むのは日本ぐらいで、他の国からすると非常識になってしまいます。どうして日本ではブラックが正統派のような扱いをうけているかには理由があり、それは健康意識の差によるものと考えられます。ミルクや砂糖を多く入れることで、糖分を過剰に摂ってしまうことで健康面でも体重面でもデメリットと考えられているからなのです。ただし、ブラックコーヒーには健康面で良い効果があると言われているのも事実であり、日本人がしていることはあながち間違ってはいないようですが、海外のコーヒーと日本のコーヒーは味わいが違う為、ブラックで飲むということには理解されないということなのです。日本で出されているコーヒーは、日本基準に則って選ばれたものなので、日本人向けに作られているということにもなります。ブラックで飲む場合は、香りを感じることが出来る為、美味しさよりも香りを楽しみたい人にとっては良い飲み方とも言えます。ただ、ブラックで飲めばカロリーがないと思っている人が多いようですが、実はブラックにもカロリーがありますので、飲み過ぎには注意してください。

硬水と軟水以外に気を付けるポイント

コーヒーを淹れる際、水は何を使用していますか。自分好みで美味しい物を淹れたいのであれば、水にもこだわるようにしてください。ここでは、硬水と軟水で淹れた場合、どのような違いがあるのかをご紹介します。

●硬水と軟水とは?
違いを知らない人が多いようですが、これは水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの値を数値化し、それを硬度と呼びます。この数値が高いと硬水、低いと軟水と呼びます。硬水の方がカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている為、便秘解消などにも役立つと言われていますが、硬度の低いものに慣れている日本人には飲みにくさを感じることもあるようです。

●どちらで淹れるとより美味しい?
水を替えるだけで差が出るなんてという人もいますが、これが驚くぐらいに差が出ます。同じ豆を使用しても味わいが変わるので、自分のその日の気分によって使用するものを替えるだけで全く違うコーヒーを淹れることができるのです。今はペットボトルなどで硬度別に販売されていますので、それらを使用し、どれぐらいの差が出るのか試してみるのもオススメです。

・水道水(軟水)
日本の水道水は軟水です。コーヒーを淹れる際に水道水を使用している人が多いですが、こちらを使用すると、まろやかで酸味が出やすくなります。酸味が好きな人にはオススメ。

●硬水
こちらを使用すると、苦味が強調されます。

コーヒーを楽しむための砂糖の種類

コーヒーを飲む時に、砂糖は欠かせない存在です。日本ではブラックを好む人も多いようですが、世界で考えると約8割の人が砂糖を入れて飲むのが習慣であり、トルコなどでは煮出す段階で入れてしまうほどですから、切っては切り離せない存在と言えます。砂糖にも色々な種類があり、それにより味わいが変わってきます。どのような違いがあるのかをまとめました。

●上白糖
しっとりしていて、強めの甘さがあります。癖がないので、風味を損なうことなく甘さだけを引き立たせることができるので、どんなコーヒーとも相性が良いと言われています。ただし、上白糖があるのは日本だけです。

●グラニュー糖
世界でよく使われているものです。サラサラとしていて溶けやすい、癖がなくあっさりしている、甘さがしつこくないという理由から使用されています。風味を消すことがない上に程よい甘さがあるので、使い勝手が良いです。

●三温糖
煮物などによく使用されている茶色のものです。サトウキビを使用して作られている為、風味を損なってしまう恐れがあります。

●黒砂糖
ミネラルを多く含んでおり、濃厚な甘さにプラスして独特な風味を持っているので、相性が悪いのではないかと思いきや、苦味が強いものとの相性は抜群です。一度試してみてください。

コーヒーをまろやかにしてコクを与えてくれるミルク

コーヒーに合うミルクも色々な種類があります。ミルクを入れることでまろやかで飲みやすくなることから、お子さんでも楽しめるようになりますので、ぜひ使い分けてみてください。

●コーヒーフレッシュ
1杯分ずつ個包装になっているもので、スーパーなどで安売りされていることが多いです。賞味期限が短いというデメリットもありますが、アイスコーヒーなどに入れると混ざりやすいという特徴があります。植物性のものを使用していることから、あっさりとした味わいになります。

●牛乳
牛乳を使うことで、味わいが深くなります。また、使用する牛乳によっても差があり、成分無調整牛乳や低脂肪牛乳、加工牛乳などを使い分けることがオススメです。

●粉末クリーム
長期保存が可能な為、よく使用されています。動物性と植物性があり、動物性のものを使用する方がコクが出ます。ただし、溶けにくいとうデメリットがある為、よくかき混ぜるようにして使ってください。

●生クリーム
生クリームを使用すると、まろやかでコクが出ます。動物性の方がより美味しくなりますが、注意したいのが、乳脂肪分。この乳脂肪分が15%~30%のものが適していると言われていますので、表示をしっかりチェックしてください。

●コンデンスミルク
甘さが強く、独特の味わいなので、コーヒーの風味を変えてしまうこともあります。

まとめ

美味しいコーヒーを淹れる為には、豆だけではなく、その他にもこだわることでより美味しく淹れることができます。また、自分好みの味を作り出すことも難しくありません。ほんのちょっとのこだわりで今よりも格段に美味しいコーヒーを飲むことができますので、色々試してみてください。また、甘さをプラスしたいのであれば、その他にも、はちみちやメープルシロップなどでカスタマイズすることもできますし、シナモンを振りかけるなんて飲み方もあります。豆以外にもこだわって、色々試してみることで、飲み方のバリエーションも増えます。

美味しいコーヒーのいれ方「トルコ式コーヒー」

トルココーヒー

トルコ式コーヒーを一度は自分で作って飲んでみたいけれど、一体どうやって作ったらよいのかが分からない、という人のために、その作り方について説明をします。

まず、トルコ式コーヒーとはどのようなものなのか、その歴史から説明をします。その歴史は、今からおよそ450年前、オスマントルコ帝国内のイエメン統治者オズデミル・パシャがコーヒー豆を皇帝に献上したときに遡ります。その後、その飲み方は、イスタンブールの庶民の間にもやがて広がり、イタリアなどヨーロッパの商人たちによって、ヨーロッパ各地に広まりました。現在においてもその飲み方は、ヨーロッパ、中東など、世界の各地で共通した飲み方となっています。特にトルコでは、お客様に対して、必ずと言っていいほど、コーヒーを出してもてなすという文化があり、普段の生活の中でもかかせない習慣の1つとなっています。また、2013年には、ユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、世界的に見ても重要な文化とされています。

その飲み方の特徴としては、イブリックと呼ばれる専用の小さな鍋に、コーヒー粉と水を一緒に入れて煮立てて、カップに移してから、上澄みだけを飲むところです。布や紙で粉を濾すドリップによって飲むようになったのは、歴史的にずっと後のことですので、非常に深い歴史があることが分かります。

それでは具体的に美味しい淹れ方について説明をします。

まず、準備すべきものとしては、粉、イブリック、水、砂糖、カップです。

粉は、微粉状に挽いたもので、通常は、イタリアンローストなどの極深煎りのものを使用します。美味しいものを淹れるためには、新鮮で品質の良い豆を選択することが重要になりますので、古くなってしまったものなどは使用しないようにしましょう。また、せっかくなので、トルコ産の豆を使用すると、より本場の味を味わうことができます。豆の挽きの状態は、通常は極細挽きとなります。普段使用しているミルの時間よりも長目に設定するようにします。

イブリックとは、トルコ式で淹れる際に用いられる特徴的な器具で、銅または真鍮製で、長い柄がついた柄杓型の小鍋のことをいいます。通常、サイズは120cc~200cc(1~2人用)が一般的です。イブリックは、例えば、ホームセンターやトルコ関係の施設、コーヒーの専門店などで購入することができます。

また、できればトルコ製のカップがあると、より本場の雰囲気を感じることができます。トルコ製のカップはややサイズが小さめにできており、占いをするのにもよいです。

上記の物の準備が揃ったら、まず、イブリックに粉を入れます。粉の量はお好みで変わってきますが、例えば、ティースプーンで大さじ2杯程度(約6~7g程度)がよいでしょう。なお、砂糖を使用する場合は、このときに砂糖も一緒に加えます。本場では、かなりの量の砂糖(約10g程度)入れて飲みますので、本場の味を求める人は、是非、このときに砂糖も入れて作ってみるのがよいでしょう。

次に、イブリックに水を入れます。水の量は、実際に飲むカップで1人分の量を計量して入れます(通常、60~70cc程度)。このときに、お湯ではなく水を入れることが重要になりますので、時間を節約するために、お湯を入れないように気をつけます。

次に、イブリックを火をかけ、スプーンで時々かき混ぜながら温めていきます。このときの火力は極力小さく抑え、あせって火を強くしないように気をつけます。しばらく火にかけ、小さい泡が立ってきたら、一度、イブリックを火から下ろして、泡の発生が収まるのを待ちます。このとき、泡が立ってきたら沸騰する前に火を下ろすようにします。なお、泡は好みによって、そのままかき混ぜてもよいですし、スプーンで泡をつぶさないようにすくって、後で使用するカップに入れておいてもよいです。この工程を2~3回繰り返したら、火を止めます。繰り返す回数は、自分の好みの味によって変えてもよいので、色々な方法で何回か試してみて、自分にとって最適な回数を見つけるとよいでしょう。

次に、火を止めたらそのまま、粉をイブリックの底に沈殿させるために、2~3分ほど静置して待ちます。なお、カップに注いでから粉を沈殿させてもよいのですが、ゆっくりと味わうためには、あらかじめイブリックの中である程度は沈殿させるとよいでしょう。静置が終わったら、カップの中に粉が入らないように、ゆっくりと上澄みをカップの中に注いでいきます。さらにその後、お好みでミルクなどを注いでもよいです。

なお、飲み終わった後にはコーヒー占いをやってみるのもよいです。占いの手順としては、これ以上飲めないというところまで飲んだら、カップをソーサーにひっくり返します。そして、水分を失って粉が固まったら、粉でできた線や形によって占いをします。その粉でできた模様は、例えば、カップの下半分は過去、上半分は将来を表していると言われています。トルコ式コーヒーをゆっくりと楽しんだ後に、遊び心を持って、自分の人生を占ってみるのもよいでしょう。

こだわりのコーヒーの飲み方 ミルクの種類と選び方

ミルク

コーヒーとは、コーヒーノキから採取される種子を焙煎して粉砕し、水やお湯で抽出した飲み物になります。世界中で引用されている飲み物で、焙煎した豆をチョコレートなどでコーティングして菓子として食べることもあります。
生育に適している気候や土壌を持つ赤道を中心とした南北緯25度間をコーヒーベルトと呼ばれており、世界約70か国で栽培されています。
年間平均気温20度前後、霜が下りず、年間平均降水量が1500〜2000mm程度で一年を通じて雨が降り、標高300〜400以上などの条件で作られています。特に1500m以上の高地で作られたものが良質だとされています。

主にアラビカ種とロブスタ種という2種類が作られています。
アラビカ種はデリケートで扱いにくく、気候や病害虫に影響を受けやすい品種ですが、豊かな風味や酸味があり高級品と呼ばれる豆のほとんどがこの品種になります。
対して、ロブスタ種は病害虫に強く低い土地でも栽培が可能で安価という特徴があるため、ブレンドに使われたりインスタントや缶、リキッドタイプなどに使用されています。
味や風味、コクなどは作られた土壌環境や気候、栽培方法や加工方法などによって異なってきます。この特徴が味の個性ともいえます。
コーヒーを選ぶ場合には、一度ストレートで飲んでから、味のバランスを考えてブレンドしていくなどの選び方をすることがオススメです。

日本では、ミルクや砂糖を入れるのが子供っぽいというイメージが定着しているため、人前ではブラックを飲んでいるという人が多いのが現状です。
ブラックは苦くて飲みにくいという場合には、無理をせずに自分にあった飲み方をすれば良いとされています。
また、世界的には砂糖やミルクを入れることは一般的です。イタリアのエスプレッソなどは砂糖を大量に入れますし、ベトナムでは練乳を入れて飲んだりもします。
それでも日本ではブラックが好まれる理由としては、シンプルな味が好みだということが挙げられます。そのものの味や香り、コクなどを大切にしたという人が多いとされています。

飲みやすいようにミルクを入れたいという場合には、いくつか種類があります。
一般的な牛乳から、いわゆるスキムパウダーやホールミルクパウダー、コーヒーフレッシュが混ぜるのに適している種類になります。
フレッシュは頼むと付いてくるものですが、正確にはミルクではなく植物油に水と乳化剤を入れたものになります。乳製品ではないことから乳糖不耐症の人でも飲むことができます。
粉末状のクリーミングパウダーというものも販売されています。
スキムパウダーは、脱脂粉乳とも呼ばれています。牛乳に比べるとコクや風味がないですが、十分に牛乳のような感じは楽しめます。
全粉乳、全脂粉乳とも呼ばれるホールミルクパウダーは牛乳をそのまま粉末にしたものになります。たっぷり入れればクリームを入れた風味に近づけることができ、さっと溶ける特徴があります。牛乳の水分でコーヒーそのものの香りや味、風味を薄めたくない、でも牛乳のまろやかさが欲しい時にはオススメです。
カフェオレなどが好きな人には牛乳が良いとされています。
アイスで飲みたい場合には、冷たい牛乳に注げば好みの味わいに調節でき、ブラックが濃すぎて飲めない人でもまろやかに飲めるようになります。

アイスで飲む場合には、牛乳を先に入れることで美味しく飲むことができます。
牛乳を入れた後に、砂糖やガムシロップなどの甘みをつけてストローでよくかき混ぜることで甘さが偏ることなく飲むことができるようになります。
先に甘みをつけてしまうと甘さが底に沈んでしまい、牛乳と混ざりにくくなります。
ホットで飲む場合には冷たい牛乳を入れてしまうと温度が下がってしまいます。砂糖も溶けにくくなるため、まず砂糖を入れます。
小鍋か電子レンジで沸騰しないように短時間で加熱するようにします。温めすぎると独特の加熱臭がして風味が飛んでしまい、たんぱく質でできた膜もできるため注意が必要です。
この膜を作らないように温めてから、ホットを入れていきます。
スキムパウダーはメーカーの種類によってはホット入れても解けずにダマになってしまうこともあるためしっかり溶かしてから入れることがポイントです。
お湯にスキムパウダーを入れて泡だせながら溶かした後に入れるか、少量のお湯で練り混ぜながら少しずつお湯を溶かして溶かした後に入れていきます。

どの種類が良いのかの選び方はその人の好みによります。
体調管理や使い勝手、開封後の消費期限の長さなどを考慮して選ぶことがオススメです。
入れる量の適量も人によって好みは異なるため、自分の好みに合わせた量を見つけることも大切となります。
その他、入れる砂糖やガムシロップの種類によっても風味は異なってくるため自分にあったものを選んでいくことが、美味しい飲み方といえます。
また、美味しく飲むためには入れる順番を考えることも重要です。”

子供に安心して飲ませられるコーヒー

子供に安心して飲ませられるコーヒー
朝の目覚めのいっぱいとしてコーヒーが飲まれるのは、緑茶やウーロン茶と同じようにカフェインが含まれているからです。カフェインは飲んだときの苦味と感じる味の要素ですが、カフェインには脳に作用して興奮物質などを一時的に分泌量を増やす効果を持っています。

興奮作用を増やすことによって脳の活動が活性化し、鼻に入る香り成分と共に朝起きたての体が眠っている状態をいち早く目覚めさせることが出来ます。そのことから年齢問わずに飲まれることの多いコーヒーですが、ただ年齢問わずといっても体が出来上がっていない16歳以下の年代でのむさいには注意が必要です。

それはカフェインの覚醒作用は脳の中枢にある自律神経に影響して筋肉に一時的なストレスを与えて活動しやすくする交感神経に影響し、副交感神経が活発に動いている朝の寝起きに交感神経を逆転させることで体を目覚めさせます。ただし副交感神経から交感神経に移行は太陽の光を浴びれば起きることであり、それをカフェインで強引に目覚めさせるということすればそのリズムを狂わせることになります。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると一時的なパニック障害の様な状態になり、脳の過剰活動による吐き気や頭痛さらには心臓の動悸などがおきます。そして交感神経が過剰反応を起こすと脳が危険と判断し副交感神経を過剰に働かせるのですが、その場合も急激な眠気や体と心のバランスが崩れることによる抑うつ状態にもなってしまいます。

交感神経と副交感神経のバランスが一度でも崩れると簡単に戻すのは難しく、特に16歳以下の子供の体にとってカフェインの作用というのは大人よりも受け入れることの出来る量は少ないため大人と同じ量をとってしまうと許容範囲を飛び越えてしまい先に言った状況になりやすいのです。ただ朝の目覚めの一杯としての役割があることに間違いはないため、16歳以下の子供でも飲める方法を考えることが大事です。

一般的に16歳以下の子供に飲ませる際には、コーヒーをカップの半分以下に入れてそれ以上に温かい牛乳や豆乳などの脂肪分のある乳製品を加えます。牛乳や豆乳を加えることによってカフェインを脂肪の膜で包み込むことで、苦味をあまり感じさせずに飲むことが出来るほかにも腸に吸収する量を制限できるので摂取量を減らすことが出来ます。

基本的にこのやり方を行うことによって子供でも安心して飲むことが出来ますが、それでもカフェインを取っていることに変わりないため少ない量でも子供によっては影響が出る場合もあります。仮に少ない量でも影響が出てしまうときには、飲むこと自体を一旦やめてその代わりに朝の一杯として飲むものを考えることが大事となります。

朝の目覚めの一杯として代わりにある飲み物としては、タンポポコーヒーやカフェインレスそして麦茶の牛乳割があります。タンポポはタンポポの根を乾燥させてお湯で抽出したもので、一般的にはタンポポ茶として流通しているものです。この飲料が人気の背景には、カフェインが含まれていないため苦味はないのですがそれ以外の味の要素は似ている部分が多いからです。

さらにタンポポは長年中国で漢方薬として使われており、その効果もホルモンバランスを整える事で得られる覚醒作用とは逆の鎮静作用を持ち、さらには血管拡張効果を持っているので血行促進効果で脳を目覚めやすくしさらには利尿作用でむくみの改善にも役に立ちます。

そして次のカフェインレスというものは、基本的にコーヒー豆を使うものですが焙煎して挽いた後にそのままお湯で抽出するのではなく前の工程で挽いた豆に工夫をすることです。

その工夫というのはいくつか方法があるのですが、その方法はカフェインを壊す成分を挽いた豆に加えてカフェイン自体をなくす方法やカフェインを壊す成分を少なくする代わりに豆をお湯で煮てカフェイン自体を洗い流す方法がこれまでの方法です。近年ではこれらのやりかた以外にも、カフェインは二酸化炭素と結びつく作用を持っていることを利用して2酸化炭素を加えることによってカフェインを無効化する方法があります。

これも苦味成分であるカフェインが抜かれるので味自体は落ちてしまうのが難点ですが、その代わりにカフェインによる覚醒作用を気にせずにのめるので何杯でも飲む事が出来ます。

そして意外にも代用になると注目されているのが、夏にミネラル分を補給できる飲料として飲まれている麦茶に牛乳を混ぜて飲む麦茶の牛乳割です。

麦茶は大麦を焙煎してお湯で抽出する飲み物ですが、その製造工程が似ていることもあり味の要素がほぼ似ているということが研究で判明しています。その麦茶に牛乳を混ぜることによって、タンポポと同じくノンカフェイン飲料として代用することが出来ます。

コーヒーは先に言ったとおりに朝の目覚めの一杯として人気ですが、その代わりにカフェインの過剰摂取は体にとってあまりよくないこともわかっています。
特に子供にとってその影響は強いので、しっかりと飲む量とやり方を実践しつつ適切に飲ませることが大事です。

高血圧とコーヒー

高血圧とコーヒー

カフェインが含まれるコーヒーは、高血圧へのマイナスの影響があるとされてきましたが、最近では飲み方しだいで下げるとも言われるようになりました。いずれにしろ飲み方次第というのが大きいですし、ぎゃくにリスクを下げると言われるのは、含まれる成分の働きが大きいからです。正常値をキープするためには、程々を楽しむくらいがいいでしょう。

高血圧のリスクを下げるというのは、含まれているポリフェノールの働きがあるためです。クロロゲン酸というポリフェノールが含有されていて、これが要作用をもたらします。と要抗酸化作用を持ちますので、健康へのプラスの効果をもたらします。

クロロゲン酸のポリフェノール含有量は、5%から10%程の量になります。コクのある乖離や味わいも、実はこのクロロゲン酸による効果が大きいのです。思わぬ人間の健康効果があるものであり、心疾患や糖尿病に肝臓病など、さまざまな疾患リスクを下げるのも、クロロゲン酸のもたらす働きでもあります。

優秀なクロロゲン酸おポリフェノールは、実に人間の健康に良い働きをしてくれることになります。現代人は多くのストレスを抱えていますが、それが引き金になり、通常よりももっと強力な活性酸素が、体の中にはたくさん発生をします。過剰な活性酸素は体内へのダメージとなりますが、クロロゲン酸の働きにより、活性酸素からの攻撃から守る働きをします。ですからクロロゲン酸は、活性酸素の老化からも、人間の体を守るという働きをしてくれることになるのです。

肥満に悩む人には朗報と言えますが、クロロゲン酸には日本人にも嬉しい、ダイエット効果もあるものです。体内への脂肪蓄積を抑制させる作用が有るために、脂肪肝を予防することにもなります。中性脂肪が肝臓にたくさん溜まった状態は、脂肪肝と言われる症状です。この状態は油断ができないのは、そのままだとメタボリックシンドロームになってしまうためです。そのままひどくなってしまうと、今度は肝炎などの病を引き起こすことにもなるので、予防をしていくことが重要です。

健康には大きく関わるのがポリフェノールであり、クロロゲン酸には糖尿病を予防する働きもあります。太りすぎて肥満になったり、日常的な運動不足等により、生活はどんどん乱れた不規則になります。こうした乱れた生活習慣は、体内にたくさんの糖質を抱え込むことになり、過剰合成をされて糖尿病になります。

現代の日本人には糖尿病がとても多いですが、この状態は安心ができないものであり、悪化することでもっと深刻な症状を招きます。動脈硬化を起こしやすくなりますし、体中の神経や血管などを招いてしまいます。

糖尿病の大きな原因は糖質であり、その生成を過剰にさせないために活躍をするのは、クロロゲン酸のポリフェノールということです。生活習慣病を気にする人であれば、こうした背景を知ることで、クロロゲン酸を適度に摂取して、生活習慣病の予防に役立てることができることがわかります。

クロロゲン酸の働きは、人間の誰もが直面をする老化抑制の作用にもなります。体内にもサビが生じますが、それが酸化をするということです。アンチエイジングはいまでは、男女を問わず関心が高いことであり、酸化するのをクロロゲン酸が防いでくれることにもなります。いつまでも若くありたいのは、多くの人の願いでもありますので、ポリフェノールはエイジングの味方となります。

ほかにも血糖値の急上昇を抑える腹らきもあるので、食事の時にはコーヒーを飲むのもいいでしょう。胃腸への負担が気になるのであれば、食後にいただくことで不安はなくなります。

糖質の体内への吸収を遅らせる働きがありますので、これもダイエットの効果へとつながります。ダイエットは辛いものではありますが、ある程度の食事制限をしたら、こうしたクロロゲン酸のポリフェノールなどの成分を、上手に活用をすることでダイエットの補助になります。

日頃から適度な摂取によって、ダイエットにもなりますし、肥満を防止することにもなります。脂肪燃焼を促したり、脂肪の燃焼を促進させるという働きは、太りやすい現代人には嬉しいニュースとなります。

クロロゲン酸の過剰摂取は副作用が気になりますが、何を飲むにしても過剰摂取は良くはありません。たくさん飲み過ぎると、ミネラル成分の吸収を阻止すると言われますが、それは過剰に飲みすぎてしまった場合です。

逆に問題にあってくるのは、カフェインの成分の方でしょう。こちらも適量にする必用はあり、過剰な摂取は不眠の下人になってしまいます。眠気を覚ますのがカフェインですが、過剰な摂取は心拍数を上昇させますし、不安感やイライラなどの、精神的な不安定を招きます。

コーヒーにはたくさんの砂糖を入れたりしないで、適量を良い香りと楽しむことで、高血圧予防にもなるものです。1日の飲む量は、3杯から4杯ほどにしておきましょう。

コーヒー好きの友人に!内祝いランキングで話題のコーヒーギフト

プレゼント
結婚祝いや出産祝い、就職祝いや新築祝いなどのお祝いごとでギフトをもらったという場合には、内祝いを用意することになります。お祝いをいただいたことのお礼としての品になるのでもらっていない人には渡すことがないのですが、気持ちを込めて贈り物をするという意味であり、お返しであってもお返しという言葉は使うことができないものです。

内祝いは、相手に喜んでもらえるアイテムを選ぶことが重要です。たくさんの人からお祝いをいただいたら、一律で同じものを揃えてしまうという方法もあるのですが、もらった人には他の人に何を贈ったのかは分からないものでもあるので、いただいた金額やその人の好みに合わせて選ぶことが必要です。内祝いでは、さまざまなアイテムが利用されていますが、中でもランキングで話題になっているアイテムにコーヒーギフトがあります。

コーヒーギフトの形は豊富にあり、コーヒーの産地から選ぶ他にもどのような形にして飲むのかという選択肢もあります。

もらってそのまま気軽に飲むことができるタイプに、インスタントがあります。お湯を注ぐだけで美味しいコーヒーがすぐに出来上がるので、忙しい毎日を過ごしている人にも喜ばれるギフトになります。かつては、インスタントコーヒーというとおいしくないというイメージを持った人も多かったのですが、今日ではインスタントと思えないような香り高い商品も多くあります。とくに、ギフト用として販売されている高級品では、納得の味と香りのインスタントコーヒーも出ています。

コーヒー好きの人であれば、自宅にミルがあって自分で豆をひいてからコーヒーメーカーで落として飲んでいるという人も多いものです。もしもミルを持っていることを確認できていたら、まめの状態で贈ってあげるのがベストです。世界中のさまざまな産地の豆を組み合わせてあるアソートタイプを選べば、毎日のコーヒータイムも楽しんでもらうことができます。コーヒーには好みがあるという人であっても、たくさんの種類があればどれかしら好みの味にたどり着くことになり、新しい味にも挑戦してもらえるチャンスにもなります。

また、贈る相手がミルを持っていることが確認できないのであれば、まめの状態であげるとかえって迷惑にもさせてしまいます。すでに粉の状態になったものを選ぶ必要がありますが、ドリップコーヒーであれば一杯ずつコーヒーフィルターに入った状態で梱包されているので、一人でコーヒーを楽しみたいという時にも気軽に本格コーヒーを飲んででもらうことができます。

内祝いの予算は、いただいた金額の半返しが一般的とされており、1万円をいただいたのであれば5000円程度の品を選ぶことになります。5000円くらいまでならさまざまな予算のコーヒーギフトが用意されているのですが、1万円を超える高額なお祝いを頂いた場合には飲みきれないほどのたくさんのコーヒーを贈ることにもなってしまいます。そんな時には、コーヒーメーカーやミルなどのグッズも含めたセットで贈ってみるというのもいいでしょう。コーヒー好きの家庭であれば持っている可能性もありますが、毎日のように飲んでいる家庭になればたくさん使用していてミルの刃が古くなって削れにくくなってしまったり、水のカルキによってコーヒーメーカーの水がうまく落ちなくなってきたなどのトラブルもあります。もしかしたらそろそろ新しいものに換えてみようかと考えているケースもあるので、喜ばれることもあります。まずは、先方に確認を取ってから必要なアイテムを選ぶといいでしょう。

コーヒーの香りは誰もが癒されてしまうものですが、中にはコーヒーに含まれているカフェインを理由として飲むことを避けているという人もいるものです。コーヒーにはカフェインが含まれており、眠気を防止して集中力をアップさせてくれたり、認知症の予防にも良いとされています。また、カフェインには市販の薬にも含まれていることがあるように、脳の血管を収縮することから血管が拡張することによって発生する偏頭痛を防いでくれたり、利尿作用があることから代謝を良くしてくれたり、二日酔いでも頭痛の原因となるアセトアルデヒドを体外から早く排出してくれる効果もあります。

他にもカフェインはたくさんのメリットを持っている成分なのですが、逆に夜眠れなくなってしまうという人や、利尿作用によって頻繁にトイレに行きたくなる、胃液の分泌が良くなりすぎて胃痛につながるなどのトラブルもあります。コーヒーにはたくさんの種類があり、カフェインが入っていないカフェインフリーのものも多く販売されています。内祝いでは、家族がいるという人に贈る場合には家族のみんなに使ってもらえるようなアイテム選びも必要になってきます。小さな子供さんがいたり高齢の人もいるという家庭の人に贈るのなら、カフェインフリータイプを選んでみるのもいいでしょう。

ネスカフェ バリスタの口コミと評判

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ
毎朝コーヒーを飲んで一息ついてから、仕事に出かけたり、仕事の合間やお客さんに出す時などにはインスタントでも、本格的に家でカフェが楽しめるというものが、ネスカフェ バリスタです。コーヒーが好きな人はこのようなものがあると、とても便利です。泡だてコーヒーなども簡単に作る事ができますので、本格的なカフェが楽しむ事ができるので、普段何気にお湯を注いで飲んでいるものでも、バリスタを使うだけで風味も変わります。

使用する豆は、インスタントの粉末で出来ますので、無くなれば簡単に買い置きが出来ることも、嬉しいです。
利用している口コミや評判などをみていると、利用しやすいという所が人気のようで、大人から子供まで幅広い年齢で使う事ができますので、とても便利なものなのです。

ネスカフェ バリスタの特長

コーヒーの量や味の濃さをコーヒーカップに合わせて、調節できたりしますし、抹茶など違う味のものを入れると、抹茶風味のものが味わえたり、ミルクを多めに足すだけで様々なものを楽しむ事ができるので、自分なりにアレンジしてみるのも、良いのではないでしょうか。

機械自体はお手頃な値段で購入する事が可能ですので、自宅で楽しみたいのであれば、検討してみても良いのではないでしょうか。お世話になっている所へプレゼントをするだけでも喜ばれますので、毎日の休息時間を、このメーカーで一息入れてみましょう。仕事の疲れや家事育児の疲れも吹き飛びます。

ストレス発散などにもなりますので、より良い日常生活を送ることが出来るのではないでしょうか。

家庭で使用するだけでなく、職場でも使用することが可能ですが、その場合は無料で貸し出しをしてくれますので、コーヒー豆を準備するだけで良いので、一杯数十円で飲める事になります。わざわざ外に出て時間を潰さなくても、本格的なカフェが楽しめるのであれば、寒い日などは特に体を温めるという意味でも、良いのではないでしょうか。

美味しいからといって、飲み過ぎてしまうとカフェン過剰摂取になってしまいますので、飲み過ぎのないように気をつけましょう。粉末などをセットして、好みの種類を選択し、スイッチを押すというだけで簡単に出来てしまう、とても楽になりますので、お年寄りから子供まで、簡単に操作をすることができますので、いつでも美味しいものを飲んでもらえることができるので、喜んでもらえるのではないでしょうか。

これを使用するだけで、普段から飲んでいる粉末のコーヒーが、いつもと違ったものになり、美味しさもさらに上がります。これで淹れたものですと、飲めるという人も中にはいるほどですので、本格的なカフェとなっている事がうかがえます。普段何気に飲んでいる粉末コーヒーが、一気に逆転してしまうということは、それほど人気のあるものの証なのではないでしょうか。

普通に飲んでいても、泡だてたりするという事が出来ませんので、そういった事が簡単に出来るということは、初めて使用した時にはびっくりします。その泡があるか無いかだけで、飲みやすさも変わってきますので、泡の調節なども可能ですので、自分の好みに合わせて調節してみるのも、オリジナルの味を作り出して、楽しむというのも良いのでは無いでしょうか。ワンパターンであった飲み方が、このもの1つで幅広い飲み方ができるので、毎日違った味を

作り出して楽しむというのも、このコーヒーメーカーならではの楽しみ方ですので、一度飲んでしまうと他のものは飲めなくなってしまいます。あまり飲まなかった家族でも、これを利用する事により頻繁に飲むようになり、使用頻度も上がりますので、充実感が得る事ができますので、家族団欒の憩いの場や、こんな飲み方があるという、話の話題にもなりますので、家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

本格的なカフェが家でも楽しめるというのは、外にあまり出歩かない人や小さな子供がいて、なかなか外に出る事ができない主婦の方でも、十分にカフェを堪能する事ができますので、一息つきたいときなどはこのコーヒーメーカーを利用して、飲んでみましょう。口コミや評判などを見てみると、利用しやすいという声が多数ですので、コーヒーメーカーを購入したいと考えているのであれば、こういった評価などを参考にしたり、周りからの情報を聞いてから選ぶというのも、

失敗しない選び方になりますので、閲覧出来る環境であるならば、見てみるのも良いのでは無いでしょうか。

美味しいコーヒーの飲める、バリスタを選ぶ事により美味しいものを堪能できるのであれば、一家に一台はあっても良いと言うほどですので、十分にお店で飲んでいるようなカフェが楽しめるというのが、また格別ですので、寒い時期などはテレビを見ながら休息するなど、自分の飲みたい時にいつでも飲む事ができますので、自然と家族が集まって話をするようになりますので、そういった意味でも利用してみてはいかがでしょうか。

美味しいコーヒーで、リフレッシュしましょう!

ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違いを比較 値段・味の違い・特徴を解説

ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違い
美味しいコーヒーを自宅でも飲みたいと思ったことはありませんか?最近ではドリップタイプのコーヒーもとても美味しいですし、コーヒーメーカーを使用して作るのも美味しいですよね。さらにもう1ランク上げるなら、ネスカフェのマシンを使用して手軽に美味しいコーヒーを飲みましょう。それぞれにマシンの違いや値段、味、特徴などを解説していきます。

ネスカフェ バリスタで使えるコーヒーとドルチェグストで使えるカプセル

ネスカフェ バリスタやネスカフェ ドルチェグストは、自宅で簡単に美味しいコーヒーを楽しむことができるとして、人気が集まっています。それぞれ専用で使えるカートリッジやカプセルがあります。これをマシンにセットするだけで本格的な美味しいコーヒーを頂くことができるのですが、バリスタとドルチェグストの違いはどんなことかご存知でしょうか。それぞれを比較し詳しくご紹介していきます。

ネスカフェ バリスタ

バリスタは、5種類のコーヒーを楽しむことができます。ブラック・ブラック(マグカップ用)エスプレッソ・カフェラテ・カプチーノの5種類を選択することができます。

こちらのタイプは、専用のエコ&システムパックを使用することが基本なのですが、市販で売られているインスタントコーヒーも使用することが可能です。あくまで推奨されているのはネスカフェから出されているエコ&システムパックですが、色々工夫されている人も多いようです。

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストは、15種類以上のカフェメニューを自宅で楽しむことができます。専用カプセルに厳選した香り豊かな挽きたてのコーヒー豆を酸素を抜き密封したものを使用しています。

カプセル式なので、セットも簡単ですし、後片付けも楽にできます。また、コーヒーだけではなく、抹茶や紅茶などのフレーバーもあり、コーヒーが苦手な人にもお勧めのマシンです。

バリスタとドルチェグストの違いは、この専用エコ&システムパックを使用するか、専用カプセルを使用するかの違いであり、本格的なコーヒーを楽しみたいと考えているのであればバリスタがお勧めですし、コーヒー以外にも色々なフレーバーを楽しみたい方にはドルチェグストがお勧めです。

1杯あたりの値段の違いと味の違い

いくら自宅で美味しいコーヒーを楽しめると言っても、1杯あたりの値段が高ければ意味がありません。最近ではコンビニエンスストアでもコーヒーが販売され、安価で美味しいと評判になっています。ネスカフェから出されているマシンではどうでしょうか。値段と共に味の違いについて比較してみましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックの種類によって値段に差がありますが、1杯あたり約15円~27円ぐらいです。味に関しては、使用するコーヒーにより選ぶことが出来ますし、牛乳や豆乳などを使用して作ることもできるのでアレンジができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらは専用カプセルを使用する為、少し価格が上がってしまいます。使用するカプセルによって値段が変わってきますが、1杯あたり56円~122円程度ということがわかっています。こちらは1回使用してしまうと使うことができません。味は、15種類から選ぶことができる為、毎日飲んでも飽きることはありません。

コンビニエンスストアやファーストフード店のコーヒーが1杯100円~200円程度ですから、それらに比べると格安で飲むことができます。また、専用カプセルを使用したドルチェグストに関しては、フレーバーを選ぶことができることもあり、カフェメニューとして考えるのであれば、とてもお得に楽しむことができると言えるでしょう。

自宅でマシンを使用していることや、詰め替えたり、セットする手間、さらには洗浄する手間を考えたとしても、コンビニエンスストアやカフェで購入するよりははるかに安く、そして手軽に楽しむことができるでしょう。どちらのマシンにしても、1杯あたりの単価は安く、家族で飲んだとしてもお得と言えるでしょう。

バリスタとドルチェグストのメリット《本体無料公式サービス》

ネスカフェのマシンには、それぞれにメリットがあります。特にお得なのは、本体無料サービスです。本体とはマシンのことであり、こちらを通常購入すると7000円~10000円以上しますが、これらがすべて無料で使用することができるシステムがあります。それぞれのマシンのサービスについて詳しく解説していきましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックを定期購入することを条件に、マシンを無料で貸し出ししてくれるシステムです。定期購入している間は使い続けることができますが、定期購入をやめた場合は返却しなくてはいけません。定期購入している間にマシンの不調があった場合は、しっかりメンテナンスをしてくれますし、使用をやめたいという時には、違約金なども発生しませんから、すぐにやめることができます。コーヒー代だけの使用で美味しいコーヒーを飲むことができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらのマシンも購入することなく、無料で楽しむことができます。マシンが無料のカプセル定期便を条件に使用することができます。解約をする際には、専用カプセルを累計60箱継続していることが条件であり、その前に解約をした場合はマシン代金として7800円(税込み)を支払わなくてはいけません。途中解約をするつもりがないのであれば、こちらのマシンの方がお得ですが、もし途中で解約をしなくてはいけない場合は、マシン代金を支払うということを忘れてはいけません。こちらのサービスを利用すると、カプセル代が10%オフになるというのもメリットの1つと言えるでしょう。

どちらのマシンも無料で試すには、定期購入が条件であり、解約時の条件が異なっていますので注意してください。

まとめ

マシンについて比較してきましたが、それぞれにメリットがあり、自分のニーズによって選ぶことができますね。ネスカフェでは自宅で美味しいコーヒーを楽しむ為のマシンを無料で貸し出ししているサービスを実施しています。

専用エコ&システムパックや、専用カプセルを定期購入することが条件ではありますが、本体を購入する必要がないというメリットが人気になっています。毎日美味しいコーヒーを飲みたい、手頃な値段でカフェ気分を味わいたいという人にお勧めできるマシンです。また、コーヒーが苦手な人でも楽しめるようになっていますので、ご家族全員で美味しく味わうことができます。

ネスカフェドルチェグストの使い方とお手入れ掃除方法

質問

カフェへ行きおいしいコーヒーを嗜んで、ホッと一息ついている方は少なくありません。ご自宅でカフェメニューを気軽に楽しめる「ネスカフェ ドルチェグスト」は、コーヒーファンの中でも注目のマシンです。

なんと15種類以上のカフェメニューがあり、一つずつカプセルに入っているので酸化せず焙煎したての豊かな香りと味わいのコーヒーを楽しむことができます。
ボタン一つであっという間に淹れたてのコーヒーを淹れることができて、便利なマシンです。コンパクトでスタイリッシュなデザインは、お部屋のインテリアとしても楽しめます。

参考:ネスカフェドルチェグスト本体無料の定期便

ドルチェグストの使い方

そんなネスカフェ ドルチェグストの使い方は簡単です。
ジェニオ2の場合ですが、まずは電源スイッチを押します。しばらくすると(約30秒ほど)赤点滅が緑点灯に変わります。
この時、ご使用になる容器の大きさに合わせて抽出トレイの位置を調整しましょう。
各カプセルに示されている目盛りを確認し、カプセルの目盛りと合わせます。
ロックハンドルをあげて、カプセルホルダーを取り出しお好みのカプセルを入れます。
本体の奥まで挿入し、ロックハンドルを下げます。
抽出レバーをホットメニューなら温水側(赤色右側)アイスメニューなら(青色左側)に倒すと抽出が始まります。
目盛りが一番下になると抽出レバーが自動で真ん中に戻り、抽出が終了です。
このジェニオ2は自動で抽出が止まるオートストップ機能が搭載されているので
絶妙なタイミングでコーヒーを淹れることができ便利なマシンです。

ドルチェグストのお手入れ

コーヒーの抽出が終了した後のお手入れですが
しばらくすると赤点滅が緑点灯に変わりますので、点滅中は触らないようにしましょう。
緑点灯に切り替わったら、ロックハンドルを上げ、ロックを解除します。
カプセルホルダーを取り出し、ホルダーを下向きにしカプセルのみを捨てます。
抽出終了後は、カプセルが熱くなっていますので、直接触らないよう気を付けて捨てましょう。
コーヒー抽出後のカプセルホルダーは水道水で洗浄し、本体にセットしロックハンドルを下げます。

一般的なコーヒーマシンですと洗い物が結構出てしまいところですが
ネスカフェ ドルチェグストですと、洗い物がカプセルホルダーのみですので
1杯から自分のために気軽に淹れることができるのが非常に魅力的です。

ドルチェグストの掃除方法

お掃除方法も簡単です。長く愛用できるよう定期的にお手入れも行いましょう。
毎日のお手入れは、抽出トレイと抽出グリッドを取り外し、スポンジで洗浄します。
続いてカプセルホルダーと給水タンクを水道水で洗浄します。
硬いブラシを使用すると傷つく恐れがありますので柔らかいスポンジを使用します。
抽出トレイ、カプセルホルダーは、給水タンクは食器洗浄機には対応しておりませんので気を付けましょう。

機器本体が汚れた際や週1のお手入れ(洗浄)のお掃除方法は
ロックハンドルを上げて、カプセルホルダーを挿入しロックハンドルを下げてロックします。
大き目の容器を用意し奥まで差し込み、電源を入れます。
抽出レバーを上に動かし目盛り7に設定し、抽出レバーを温水側に倒します。
コーヒーカプセルを入れていない状態で抽出が始まり、目盛りが一番下にきたら抽出が止まります。
大き目の容器の水を捨て、抽出グリッドと抽出トレイを本体に取り付けます。
本体は柔らかい清潔な布で拭きましょう。

抽出の流れが悪くなったり、飲み物の温度がいつもより低い場合は湯垢洗浄を行う必要があります。
湯垢洗浄剤はネスレ通販のオンラインショップで発売しています。
まず電源が切れていることを確認し、大き目の容器(1L以上)に湯垢洗浄剤を入れ水1リットルでよく溶かし
給水タンクに入れます。
コーヒーカプセルを入れない状態で、目盛り7で温水側で抽出します。その後、水側に倒し抽出します。
終了したら電源をオフし、給水タンクの水を捨てよくすすいでから、水道水を補充して本体にセットしこの作業を繰り返します。
湯垢洗浄は途中で中断しないように気を付けましょう。給水タンクにお酢を絶対に入れないでください。

使用上の注意は、抽出口の針に危険ですので触れないように気を付けましょう。
給水タンクには熱湯、牛乳、酒などの水以外のもは入れないようにしましょう。
長期間使用しない場合は、給水タンクの水は抜いておきましょう。
カプセルホルダーには永久磁石が使用されていますので、磁気の影響を受ける機器のそばに放置しないようにしましょう。
ペースメーカーなど使用されている方は、カプセルホルダーを体内機器のそばに近づけないよう気を付けましょう。
一度使ったカプセルは再利用はできません。
コーヒーの抽出に使用する水は、水道水か軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

まとめ

使い方に気を付けてネスカフェ ドルチェグストで毎日おいしいコーヒーを楽しみたいですね。
安心・安全にコーヒーを楽しむために、注意事項をあわせて確認し、ご自宅でカフェ気分を楽しみましょう。

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーとは、コーヒー豆を焙煎して挽いた粉末から、水またはお湯で成分を抽出した飲み物になります。家庭や飲食店、職場などでも簡単に飲めますが、専門ショップも多数あり世界中で飲まれています。

風味は焙煎の度合いや挽き具合、入れ方、使う器具によって違ってきます。また、牛乳を入れたり、砂糖を入れたりするほか、紅茶と混ぜたり、レモンスライスを浮かべる、少量の塩を入れるなど様々な飲まれ方をしています。

150mlドリップ式で入れたものには約100mgのカフェインが含まれています。飲むことによって、脂肪の分解を加速させて、自律神経である交感神経を刺激するためエネルギーの消費を高める働きがあり、運動1時間前に飲むことで効果的に脂肪を燃やすことができるようになるほか、集中力を向上させて筋肉痛を和らげる効果が期待できます。

また、香りにはピラジンを始めとする香りの成分が含まれており、香りの効果によってリラックス状態になります。

コーヒーの香りの種類

香りの種類は口に含んだ時、豆を挽いた時などに分けられます。
「アロマ」は、挽いた粉にお湯を注いだ時に液体から漂う香りのことをいいます。
「フレーバー」は、口に含んだ時の香りのことを指します。
「フレグランス」とは、挽いた時の粉の香りのことです。

アロマは、コーヒーオイルによるもので粉にお湯を注いだ時に出る香りになります。湯気とともに一気に香りが広がって5分程度で消えてしまうのが特徴の香りです。
特にブルーマウンテン、グアテマラはリラックス効果が高いとされており、マンデリンなどは集中力を高めるのに効果があることがわかっています。

フレーバーは、飲むことによって感じられる香りで、ナッツやチョコレート、フルートなど様々な香りに例えられます。これは品種や産地、精製法などに影響されています。

フレグランスは、香水としても製品化されています。トップノートは甘いフルーツのような香り、ミドルノートにフラワー、ラストノートにブラックコーヒーの香りが来る香水です。
日本では香としても製品化されており、シナモンやチョコレートと合わせた香りを楽しむことができます。

香りの情報は、鼻から脳へと届いていきます。香りは脳に大きな影響を与えるため、味わいだけではなく香りを楽しむためには、適切な豆の管理、器具に合ったメッシュと抽出温度を守って、正しい方法で淹れることが大切となります。

正しいコーヒーの管理方法

正しいコーヒーの管理としては、粉と豆とでは大きく異なってきます。利便性が高いのは粉ですが、品質や味を保ちたい場合には豆のまま保存することがオススメです。

焙煎した時から酸化は始まってしまいます。酸化するとどんどん劣化してしまうため、なるべく酸化しないように保存していきます。

温度も高い場所が苦手で、直射日光も保存するときには避けることが重要です。なるべく気温変化のない風通しの良い冷暗所に保存します。

湿度があるところも避けます。湿度があると湿気を帯びてしまいます。具体的な保存方法としては、豆は保存する場合には密閉袋などに入れて冷凍庫に入れておくと長く保存することができます。

使用するときには完全に凍ることがないため、冷凍のまま豆を粉砕してセットして飲むことができます。粉も同様で、必要な分量をセットしてお湯を注ぎます。

保存期間は3か月程度で消費するのが良いとされています。香りは鮮度が良ければ、良いほど香り成分が広がります。保存していたからといって香り成分はその分減ってしまうため必ず3か月以内に消費していきます。

美味しいコーヒーの淹れた方

美味しい淹れた方としては、200㏄に対して15gの粉の量が一杯分としては適量です。ドリッパーにフィルターをセットしたら、15gの粉を入れて軽く揺すって表面をならして、軽く押さえます。

お湯は沸かしたてを使用し、沸騰後1分程度待つことで抽出に適温となります。粉の中心に、お湯を細くゆっくりと注いでいきます。深煎りは特にゆっくりと注ぎます。

500円玉ほどを意識しながら入れていきますが、縁には絶対に注がないようにして、一度に大量のお湯を注いでしまうと粉がお湯に浮いてしまい、旨味の抽出がうまくできずに雑味の多い味になってしまうため注意が必要です。

粉がお湯を吸収して中心が膨らんできたら、全体の60%ほどにお湯がまわるように注いでいき、30秒程度待ちます。お湯に馴染むことでお湯を受け入れやすくなります。

中心から外側に向かって「の」の字を描くように、ゆっくりと注いでいきます。お湯を注いでムース状に盛り上がったら、平らになる前に次のお湯を注いていき、およそ3回程度行います。

サーバーに落ちてきたらフィルターの下からじわじわと均等に滲んでくれば良いとされています。

抽出する量の半分程度まできたら、徐々にお湯を多めに注いでいき、予定の抽出量に達したらすぐにドリッパーを下ろします。

粉がしぼむ前に下ろすことで、雑味を避けることができます。