高血圧とコーヒー

高血圧とコーヒー

カフェインが含まれるコーヒーは、高血圧へのマイナスの影響があるとされてきましたが、最近では飲み方しだいで下げるとも言われるようになりました。いずれにしろ飲み方次第というのが大きいですし、ぎゃくにリスクを下げると言われるのは、含まれる成分の働きが大きいからです。正常値をキープするためには、程々を楽しむくらいがいいでしょう。

高血圧のリスクを下げるというのは、含まれているポリフェノールの働きがあるためです。クロロゲン酸というポリフェノールが含有されていて、これが要作用をもたらします。と要抗酸化作用を持ちますので、健康へのプラスの効果をもたらします。

クロロゲン酸のポリフェノール含有量は、5%から10%程の量になります。コクのある乖離や味わいも、実はこのクロロゲン酸による効果が大きいのです。思わぬ人間の健康効果があるものであり、心疾患や糖尿病に肝臓病など、さまざまな疾患リスクを下げるのも、クロロゲン酸のもたらす働きでもあります。

優秀なクロロゲン酸おポリフェノールは、実に人間の健康に良い働きをしてくれることになります。現代人は多くのストレスを抱えていますが、それが引き金になり、通常よりももっと強力な活性酸素が、体の中にはたくさん発生をします。過剰な活性酸素は体内へのダメージとなりますが、クロロゲン酸の働きにより、活性酸素からの攻撃から守る働きをします。ですからクロロゲン酸は、活性酸素の老化からも、人間の体を守るという働きをしてくれることになるのです。

肥満に悩む人には朗報と言えますが、クロロゲン酸には日本人にも嬉しい、ダイエット効果もあるものです。体内への脂肪蓄積を抑制させる作用が有るために、脂肪肝を予防することにもなります。中性脂肪が肝臓にたくさん溜まった状態は、脂肪肝と言われる症状です。この状態は油断ができないのは、そのままだとメタボリックシンドロームになってしまうためです。そのままひどくなってしまうと、今度は肝炎などの病を引き起こすことにもなるので、予防をしていくことが重要です。

健康には大きく関わるのがポリフェノールであり、クロロゲン酸には糖尿病を予防する働きもあります。太りすぎて肥満になったり、日常的な運動不足等により、生活はどんどん乱れた不規則になります。こうした乱れた生活習慣は、体内にたくさんの糖質を抱え込むことになり、過剰合成をされて糖尿病になります。

現代の日本人には糖尿病がとても多いですが、この状態は安心ができないものであり、悪化することでもっと深刻な症状を招きます。動脈硬化を起こしやすくなりますし、体中の神経や血管などを招いてしまいます。

糖尿病の大きな原因は糖質であり、その生成を過剰にさせないために活躍をするのは、クロロゲン酸のポリフェノールということです。生活習慣病を気にする人であれば、こうした背景を知ることで、クロロゲン酸を適度に摂取して、生活習慣病の予防に役立てることができることがわかります。

クロロゲン酸の働きは、人間の誰もが直面をする老化抑制の作用にもなります。体内にもサビが生じますが、それが酸化をするということです。アンチエイジングはいまでは、男女を問わず関心が高いことであり、酸化するのをクロロゲン酸が防いでくれることにもなります。いつまでも若くありたいのは、多くの人の願いでもありますので、ポリフェノールはエイジングの味方となります。

ほかにも血糖値の急上昇を抑える腹らきもあるので、食事の時にはコーヒーを飲むのもいいでしょう。胃腸への負担が気になるのであれば、食後にいただくことで不安はなくなります。

糖質の体内への吸収を遅らせる働きがありますので、これもダイエットの効果へとつながります。ダイエットは辛いものではありますが、ある程度の食事制限をしたら、こうしたクロロゲン酸のポリフェノールなどの成分を、上手に活用をすることでダイエットの補助になります。

日頃から適度な摂取によって、ダイエットにもなりますし、肥満を防止することにもなります。脂肪燃焼を促したり、脂肪の燃焼を促進させるという働きは、太りやすい現代人には嬉しいニュースとなります。

クロロゲン酸の過剰摂取は副作用が気になりますが、何を飲むにしても過剰摂取は良くはありません。たくさん飲み過ぎると、ミネラル成分の吸収を阻止すると言われますが、それは過剰に飲みすぎてしまった場合です。

逆に問題にあってくるのは、カフェインの成分の方でしょう。こちらも適量にする必用はあり、過剰な摂取は不眠の下人になってしまいます。眠気を覚ますのがカフェインですが、過剰な摂取は心拍数を上昇させますし、不安感やイライラなどの、精神的な不安定を招きます。

コーヒーにはたくさんの砂糖を入れたりしないで、適量を良い香りと楽しむことで、高血圧予防にもなるものです。1日の飲む量は、3杯から4杯ほどにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です