ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違いを比較 値段・味の違い・特徴を解説

ネスカフェ ドルチェグストとネスカフェ バリスタの違い
美味しいコーヒーを自宅でも飲みたいと思ったことはありませんか?最近ではドリップタイプのコーヒーもとても美味しいですし、コーヒーメーカーを使用して作るのも美味しいですよね。さらにもう1ランク上げるなら、ネスカフェのマシンを使用して手軽に美味しいコーヒーを飲みましょう。それぞれにマシンの違いや値段、味、特徴などを解説していきます。

ネスカフェ バリスタで使えるコーヒーとドルチェグストで使えるカプセル

ネスカフェ バリスタやネスカフェ ドルチェグストは、自宅で簡単に美味しいコーヒーを楽しむことができるとして、人気が集まっています。それぞれ専用で使えるカートリッジやカプセルがあります。これをマシンにセットするだけで本格的な美味しいコーヒーを頂くことができるのですが、バリスタとドルチェグストの違いはどんなことかご存知でしょうか。それぞれを比較し詳しくご紹介していきます。

ネスカフェ バリスタ

バリスタは、5種類のコーヒーを楽しむことができます。ブラック・ブラック(マグカップ用)エスプレッソ・カフェラテ・カプチーノの5種類を選択することができます。

こちらのタイプは、専用のエコ&システムパックを使用することが基本なのですが、市販で売られているインスタントコーヒーも使用することが可能です。あくまで推奨されているのはネスカフェから出されているエコ&システムパックですが、色々工夫されている人も多いようです。

ネスカフェ ドルチェグスト

ドルチェグストは、15種類以上のカフェメニューを自宅で楽しむことができます。専用カプセルに厳選した香り豊かな挽きたてのコーヒー豆を酸素を抜き密封したものを使用しています。

カプセル式なので、セットも簡単ですし、後片付けも楽にできます。また、コーヒーだけではなく、抹茶や紅茶などのフレーバーもあり、コーヒーが苦手な人にもお勧めのマシンです。

バリスタとドルチェグストの違いは、この専用エコ&システムパックを使用するか、専用カプセルを使用するかの違いであり、本格的なコーヒーを楽しみたいと考えているのであればバリスタがお勧めですし、コーヒー以外にも色々なフレーバーを楽しみたい方にはドルチェグストがお勧めです。

1杯あたりの値段の違いと味の違い

いくら自宅で美味しいコーヒーを楽しめると言っても、1杯あたりの値段が高ければ意味がありません。最近ではコンビニエンスストアでもコーヒーが販売され、安価で美味しいと評判になっています。ネスカフェから出されているマシンではどうでしょうか。値段と共に味の違いについて比較してみましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックの種類によって値段に差がありますが、1杯あたり約15円~27円ぐらいです。味に関しては、使用するコーヒーにより選ぶことが出来ますし、牛乳や豆乳などを使用して作ることもできるのでアレンジができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらは専用カプセルを使用する為、少し価格が上がってしまいます。使用するカプセルによって値段が変わってきますが、1杯あたり56円~122円程度ということがわかっています。こちらは1回使用してしまうと使うことができません。味は、15種類から選ぶことができる為、毎日飲んでも飽きることはありません。

コンビニエンスストアやファーストフード店のコーヒーが1杯100円~200円程度ですから、それらに比べると格安で飲むことができます。また、専用カプセルを使用したドルチェグストに関しては、フレーバーを選ぶことができることもあり、カフェメニューとして考えるのであれば、とてもお得に楽しむことができると言えるでしょう。

自宅でマシンを使用していることや、詰め替えたり、セットする手間、さらには洗浄する手間を考えたとしても、コンビニエンスストアやカフェで購入するよりははるかに安く、そして手軽に楽しむことができるでしょう。どちらのマシンにしても、1杯あたりの単価は安く、家族で飲んだとしてもお得と言えるでしょう。

バリスタとドルチェグストのメリット《本体無料公式サービス》

ネスカフェのマシンには、それぞれにメリットがあります。特にお得なのは、本体無料サービスです。本体とはマシンのことであり、こちらを通常購入すると7000円~10000円以上しますが、これらがすべて無料で使用することができるシステムがあります。それぞれのマシンのサービスについて詳しく解説していきましょう。

ネスカフェ バリスタ

専用エコ&システムパックを定期購入することを条件に、マシンを無料で貸し出ししてくれるシステムです。定期購入している間は使い続けることができますが、定期購入をやめた場合は返却しなくてはいけません。定期購入している間にマシンの不調があった場合は、しっかりメンテナンスをしてくれますし、使用をやめたいという時には、違約金なども発生しませんから、すぐにやめることができます。コーヒー代だけの使用で美味しいコーヒーを飲むことができます。

ネスカフェ ドルチェグスト

こちらのマシンも購入することなく、無料で楽しむことができます。マシンが無料のカプセル定期便を条件に使用することができます。解約をする際には、専用カプセルを累計60箱継続していることが条件であり、その前に解約をした場合はマシン代金として7800円(税込み)を支払わなくてはいけません。途中解約をするつもりがないのであれば、こちらのマシンの方がお得ですが、もし途中で解約をしなくてはいけない場合は、マシン代金を支払うということを忘れてはいけません。こちらのサービスを利用すると、カプセル代が10%オフになるというのもメリットの1つと言えるでしょう。

どちらのマシンも無料で試すには、定期購入が条件であり、解約時の条件が異なっていますので注意してください。

まとめ

マシンについて比較してきましたが、それぞれにメリットがあり、自分のニーズによって選ぶことができますね。ネスカフェでは自宅で美味しいコーヒーを楽しむ為のマシンを無料で貸し出ししているサービスを実施しています。

専用エコ&システムパックや、専用カプセルを定期購入することが条件ではありますが、本体を購入する必要がないというメリットが人気になっています。毎日美味しいコーヒーを飲みたい、手頃な値段でカフェ気分を味わいたいという人にお勧めできるマシンです。また、コーヒーが苦手な人でも楽しめるようになっていますので、ご家族全員で美味しく味わうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です