コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーとは、コーヒー豆を焙煎して挽いた粉末から、水またはお湯で成分を抽出した飲み物になります。家庭や飲食店、職場などでも簡単に飲めますが、専門ショップも多数あり世界中で飲まれています。

風味は焙煎の度合いや挽き具合、入れ方、使う器具によって違ってきます。また、牛乳を入れたり、砂糖を入れたりするほか、紅茶と混ぜたり、レモンスライスを浮かべる、少量の塩を入れるなど様々な飲まれ方をしています。

150mlドリップ式で入れたものには約100mgのカフェインが含まれています。飲むことによって、脂肪の分解を加速させて、自律神経である交感神経を刺激するためエネルギーの消費を高める働きがあり、運動1時間前に飲むことで効果的に脂肪を燃やすことができるようになるほか、集中力を向上させて筋肉痛を和らげる効果が期待できます。

また、香りにはピラジンを始めとする香りの成分が含まれており、香りの効果によってリラックス状態になります。

コーヒーの香りの種類

香りの種類は口に含んだ時、豆を挽いた時などに分けられます。
「アロマ」は、挽いた粉にお湯を注いだ時に液体から漂う香りのことをいいます。
「フレーバー」は、口に含んだ時の香りのことを指します。
「フレグランス」とは、挽いた時の粉の香りのことです。

アロマは、コーヒーオイルによるもので粉にお湯を注いだ時に出る香りになります。湯気とともに一気に香りが広がって5分程度で消えてしまうのが特徴の香りです。
特にブルーマウンテン、グアテマラはリラックス効果が高いとされており、マンデリンなどは集中力を高めるのに効果があることがわかっています。

フレーバーは、飲むことによって感じられる香りで、ナッツやチョコレート、フルートなど様々な香りに例えられます。これは品種や産地、精製法などに影響されています。

フレグランスは、香水としても製品化されています。トップノートは甘いフルーツのような香り、ミドルノートにフラワー、ラストノートにブラックコーヒーの香りが来る香水です。
日本では香としても製品化されており、シナモンやチョコレートと合わせた香りを楽しむことができます。

香りの情報は、鼻から脳へと届いていきます。香りは脳に大きな影響を与えるため、味わいだけではなく香りを楽しむためには、適切な豆の管理、器具に合ったメッシュと抽出温度を守って、正しい方法で淹れることが大切となります。

正しいコーヒーの管理方法

正しいコーヒーの管理としては、粉と豆とでは大きく異なってきます。利便性が高いのは粉ですが、品質や味を保ちたい場合には豆のまま保存することがオススメです。

焙煎した時から酸化は始まってしまいます。酸化するとどんどん劣化してしまうため、なるべく酸化しないように保存していきます。

温度も高い場所が苦手で、直射日光も保存するときには避けることが重要です。なるべく気温変化のない風通しの良い冷暗所に保存します。

湿度があるところも避けます。湿度があると湿気を帯びてしまいます。具体的な保存方法としては、豆は保存する場合には密閉袋などに入れて冷凍庫に入れておくと長く保存することができます。

使用するときには完全に凍ることがないため、冷凍のまま豆を粉砕してセットして飲むことができます。粉も同様で、必要な分量をセットしてお湯を注ぎます。

保存期間は3か月程度で消費するのが良いとされています。香りは鮮度が良ければ、良いほど香り成分が広がります。保存していたからといって香り成分はその分減ってしまうため必ず3か月以内に消費していきます。

美味しいコーヒーの淹れた方

美味しい淹れた方としては、200㏄に対して15gの粉の量が一杯分としては適量です。ドリッパーにフィルターをセットしたら、15gの粉を入れて軽く揺すって表面をならして、軽く押さえます。

お湯は沸かしたてを使用し、沸騰後1分程度待つことで抽出に適温となります。粉の中心に、お湯を細くゆっくりと注いでいきます。深煎りは特にゆっくりと注ぎます。

500円玉ほどを意識しながら入れていきますが、縁には絶対に注がないようにして、一度に大量のお湯を注いでしまうと粉がお湯に浮いてしまい、旨味の抽出がうまくできずに雑味の多い味になってしまうため注意が必要です。

粉がお湯を吸収して中心が膨らんできたら、全体の60%ほどにお湯がまわるように注いでいき、30秒程度待ちます。お湯に馴染むことでお湯を受け入れやすくなります。

中心から外側に向かって「の」の字を描くように、ゆっくりと注いでいきます。お湯を注いでムース状に盛り上がったら、平らになる前に次のお湯を注いていき、およそ3回程度行います。

サーバーに落ちてきたらフィルターの下からじわじわと均等に滲んでくれば良いとされています。

抽出する量の半分程度まできたら、徐々にお湯を多めに注いでいき、予定の抽出量に達したらすぐにドリッパーを下ろします。

粉がしぼむ前に下ろすことで、雑味を避けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です